「印鑑」と「はんこ」の違いとは

印鑑やはんこは、個人や会社で書類を作るときなどに必要になるものですが、この「印鑑」と「はんこ」の違いを知らない人は意外と多いのではないでしょうか。しかし、この違いを知らないと、ビジネスシーンで恥ずかしい思いをすることもあるのです。

そのため今回は、「印鑑」と「はんこ」は何が違うのかということをはじめ、その歴史や種類について紹介します。

「印鑑は名前入りにすべき?用途を考えて後悔しない仕上がりにしよう!」

「印鑑」と「はんこ」の一般的なイメージ

あくまでも一般的なイメージとして言うと、「印鑑」は実印や銀行印といった正式な手続きに使われるもので、「はんこ」は認印やゴム印といった簡易的なものだと思っている人が多いかもしれません。契約書や役所に届ける書類には「印鑑」で、宅配便の荷物を受け取るときや回覧板の閲覧印は「はんこ」といったように、シーンによって言い方を変えているケースもあります。

あるいは、「印鑑」が正式な言い方で、「はんこ」は砕けた言い方というように、もともと同じものを違う言葉で言っているだけだと考えている人もいるでしょう。しかしこれらのイメージは、全て間違いであり、「印鑑」と「はんこ」には明確な違いがあります。

そもそも何が違うのか

まず「印鑑」とは、本来、書類などに押印したときに残る文字や絵のことを意味するものです。印鑑というと、棒状の本体のことをイメージする人も多いでしょうが、実は、印鑑とは棒状の本体のことではありません。押印をするときは、棒状の本体の文字などが彫られた部分に朱肉を付けて、紙にその部分を押し付けることで文字や絵などを残しますが、その紙に残された文字などのことを印鑑というのです。

また、この残された文字は「印影」と呼ばれており、印鑑とは印影のことを指すという言い方もできます。では、棒状の本体は何なのかというと、これがいわゆる「はんこ」と呼ばれるものになります。棒状の本体は木や象牙などで出来ており、押印する部分が円形や楕円形、角形などになっていますが、このモノ自体が「はんこ」なのです。

少しややこしいので話を少し整理すると、はんこは本体で、印鑑はそのはんこを押したあとに残る文字などを指すということになるでしょう。別の言い方をすれば、はんこはモノの名前ですが、印鑑は残された文字を意味すると言えます。

先ほども紹介したように、一般的には「印鑑」と「はんこ」は同じものだと思っている人が多いかもしれませんが、ここまで読めば、本来は意味が全く違うものだということを理解できるでしょう。

「印鑑を押して下さい」という言い方は間違っている

ビジネスシーンなどで何かの契約をするときは、「この書類に印鑑を押して下さい」という言い方をしたり、されたりすることがあります。多くの人は、こうした言い方をされても特に違和感を覚えることはないでしょうが、実は大きな間違いがあります。

先ほども紹介したように、印鑑というのはモノではなく、押印したあとに残る文字などのことなので、それを「押す」ことはできませんし文章表現として不適切です。そのためこの場合は、「この書類にはんこを押して下さい」というのが正しい言い方になります。

また「はんこ」は、「印章」という言い方もするため、「この書類に印章を押して下さい」というのも正しい表現になります。もちろん一般的には、印鑑とはんこ・印章を同義語として使っているケースが多いこともあって、上記のような間違った使い方をしても意味が通じますし、特に問題がない場合がほとんどかもしれません。

しかし、こうした意味の違いを知っている人も中にはいるため、間違った使い方をすると無知な人だと思われてしまうこともあり得ます。特にビジネスシーンでは、正確な言葉の使い方をしているかどうかがその人の印象を左右してしまうことも多いので、こうしたちょっとした知識も知っておいて損はないでしょう。

ただし、「印章を押して下さい」と言っても相手に伝わりにくいこともあるため、分かりやすさを重視する場面では「印鑑を押して下さい」という、本来間違った表現をしたほうが良い場合もあります。ですので、正しい言葉の使い方にこだわるだけでなく、その時々の状況に応じて臨機応変に言葉を使い分けることも大切になると言えます。

どんな歴史があるのか

「印鑑」と「はんこ」の違いや使い分けは先ほども紹介した通りですが、その歴史についても知っておくとより理解を深めることができます。日本に現存する最古のものは、弥生時代の西暦57年に中国の後漢から授けられた金印(漢倭奴国王印)だとされています。

その後、印鑑制度(公印)が日本で取り入れられたのは奈良時代で、さらに平安時代には貴族などの私印が許可されました。しかしこうした古い時代は、一般庶民には印鑑を利用することが許されていなかったので、自著などによって契約等が行われていました。

一般の庶民が印鑑を使うようになったのは、実は明治以降であり、誰でも印鑑を持つようになったのは日本の長い歴史から見るとごく最近だと言えるでしょう。さらに現在では、インターネットの発展によって印鑑も電子化されるようになり、企業間の契約書や行政手続きに電子サインの導入が進められています。

電子サインの場合は、物理的なモノである「はんこ」が不要になり、サインをしたという情報だけが重要になると言えます。

はんこの種類について

「はんこ」の種類は、実印や銀行印、認印などがあります。「実印」は、市区町村に印鑑登録をしているはんこのことで、公的な書類の作成や各種契約などに使われる最も重要なものになり、「銀行印」は、金融機関で口座を開設するときなどに使用するものです。

そして「認印」は、印鑑証明が必要ない書類に用いられるもので、比較的簡易的な用途のものになると言えるでしょう。ただしこれらの本体(棒状のモノ)は、どんなに立派な見た目でも「はんこ」、または「印章」と呼ばれるものであり、正式には「印鑑」とは呼ばないものだということを改めて確認しておきましょう。

「印鑑ってどんなものがあるの⁉︎種類とその用途と素材」

「印鑑」と「はんこ」は明確に違う

一般的に、「印鑑」と「はんこ」は同じものだと思っている人も多いかもしれませんが、印鑑は押印したときの文字などのことであり、はんこは棒状の本体を指すというハッキリした違いがあります。

そのため、「この書類に印鑑を押して下さい」という表現は間違いであり、正しくは「はんこ(印章)を押して下さい」という言い方になります。