おすすめの手彫り印鑑

実印を作成するときには、手彫り印鑑にしたいと考えている人もいるでしょう。機械彫りとは違う味わいがあったり、オリジナリティも出せるために年齢や性別問わず人気があります。そこで、手彫り印鑑について詳しく解説します。

魅力やメリット、そして作成するときの注意点についてや、おすすめの手彫り印鑑について紹介しています。

「人気の材質は?印鑑を作るときに参考にしたいこと」

手彫り印鑑の魅力

手彫り印鑑の魅力は、デザインのオリジナル性にあります。機械彫りの場合は、データに基づいて作成されるため、すべて同じ印鑑ができあがります。ですが、手彫りの場合は彫る人の特徴や癖が出るため、十人十色のデザインが楽しめます。

そして、同じ人が彫ったとしても、僅かな力加減で変わってしまうため、一つ一つに「味」が出ます。そして、細かな注文にも応えてくれるところも手彫りの魅力です。印鑑というのは、その人の顔を表す大事なアイテムでもあります。

自分だけの特別な1本を作成できるというのが、手彫りならではの良さです。

手彫り印鑑のメリット

手彫り印鑑のメリットは、偽造防止に効果があることです。機械彫りの場合は、大量生産されていることが多いため、コンピューターを使っての偽造が簡単にできてしまう可能性もあります。ですが、手彫りの場合は職人が一人一人丁寧に仕上げていくため、その癖をコンピューターが真似することは極めて難しいことです。

また、偽造防止のために特徴的な文字にしたり、柄を入れることも可能なので、更にセキュリティを強くできます。偽造が困難な印鑑を作成することは、大切な財産や権利を守るために大きく役立ちます。

手彫り印鑑の注意点

手彫り印鑑の注意点は、必ずしも自分の理想通りの印鑑が作成されるとは限らないことです。手彫り職人の数はたくさんいて、依頼した後にどんな印影になるかは完成するまでわかりません。

また、手彫り印鑑は1日や2日で完成するわけではないため、かなりの時間を要することがあります。注文する店やサイトにもよりますが、少なくとも約2週間前後はかかる可能性があります。手彫り印鑑を作成するときには、期間に余裕を持って準備しておくことが大切です。

また、手彫り印鑑が完成したときには彫る前に必ず印影を確認してから注文するようにしましょう。

手彫り印鑑を注文するときのポイント

手彫り印鑑を注文するときには、どんな印鑑を購入するかがポイントです。印鑑には、土地や建物の売買、またはローンの申込みに必要な実印や、宅配便の受け取りのときなどに使用する認印、更には金融機関での手続きに必要な銀行印などがあります。

種類によっては取り扱っていないものもあるため、事前に確認しておくことが大切です。また、初めて手彫り印鑑を注文するときには、わからないことや戸惑うこともあるでしょう。そんなときのために、事前の相談に快く応じてくれるかどうかもチェックしておくことが大切です。

そして、印鑑が完成した後に捺印がうまくつかなかったり、誤って破損させてしまった場合のアフターケアサービスが万全かどうかについても、しっかりと確認しておきましょう。

おすすめの手彫り印鑑「浅島龍文堂」

明治23年に創業された浅島龍文堂は、熟練された職人による手彫り印鑑で知られている老舗の名店です。品質にこだわり、一人一人のために唯一無二の印鑑を作成しています。実店舗は元より、ネット販売もしているので全国各地から申し込みが可能ですし、事前の相談にも対応してくれるので、初めて印鑑を購入する人にもピッタリです。

高級なものからリーズナブルなものまで、印鑑の素材も幅広く用意されているので、自分好みの1品が作りやすく、印鑑ケースもオリジナリティ溢れるものが多いため、ギフト用として作成するときにも最適です。

「印鑑はどこで買う?店舗別のメリットと注意点」

おすすめの手彫り印鑑「平安堂」

印鑑の印象は、印章作家による腕で変わってきます。平安堂では、国家検定1級印章彫刻技能士のなかでも、一級技能士全国技能グランプリで第一位通産大臣賞を受賞しているなど、その高い技術が認められている技術者により、様々な書体を彫ってもらうことができます。

図案から字入れ、彫刻まですべてが手作業でおこなわれ、その仕上がりは、まさに芸術品のようです。そして、使用する素材の良さにも定評があり、象牙製品を取り扱うための認定事業者番号も取得しています。オンラインでも気軽に注文することができますし、アフターケアも万全です。

おすすめの手彫り印鑑「幸栄堂」

印鑑の種類は、実印や認印の他にも様々なものがあります。書画や絵画をたしなむときには、落款印を押す人もいます。落款印は公的な書類に使用できるものではありませんが、作品の完成を証明するための大切な印鑑です。

落款印の作成におすすめなのが幸栄堂です。幸栄堂は、実印や認印の他にも落款印の製作に定評があります。京都市から未来の名匠として認定された印鑑彫刻職人により、丁寧に一つ一つ仕上げられています。オンライショップでの販売もしていますし、事前相談にも応じてもらえるので、希望通りの印鑑が作れます。

「チタン製の印鑑の特徴や使い心地」

おすすめの手彫り印鑑「はんこ屋さん21」

オンラインショップもいいけれど、やはり実店舗で受けとりたいというときには、はんこ屋さん21がおすすめです。北海道から沖縄まで全国に約300店舗もあるため、実際に店舗に来店して注文することができます。はんこ屋さん21では高級素材である象牙や石材も取り扱っていますし、細かな注文にも即対応してもらえます。

手彫り印鑑をオンラインで注文するのは不安だと考えている人にとっては安心感があります。

おすすめの手彫り印鑑「はんこ広場」

手軽に手彫り印鑑を作成したいときには、はんこ広場がおすすめです。一級技能士により複雑な苗字も丁寧に彫られ、完成したときには印鑑証がつくので安心です。北海道から沖縄まで幅広い地域でフランチャイズ展開をしているので、手彫り印鑑で不明な点があったときにはすぐに店舗で相談することができます。

また、細かいサイズや書体について質問しながら手彫り印鑑を作成することも可能なので、仕上がりに不満を感じることもほとんどありません。

「「印鑑」と「はんこ」の違いとは」

手彫り印鑑を作成するときに必要なこと

手彫り印鑑を作成するときには、その魅力やメリットだけではなく、注意点についても知ることが大切です。注意点を先に知っておくことにより、完成後の不満が減る可能性もあります。そして、印鑑は印章作家や技能士によって完成後の出来に違いがあるので、注文するときには自分好みの印鑑を作成してくれるところを探すようにしましょう。