印鑑ってどんなものがあるの⁉︎種類とその用途と素材

印鑑と一口に言っても、実はさまざまなものがあります。

そしてそれぞれの場面で押印して良い印鑑、あるいはあまりふさわしくないものなどがあるのです。それを知らずに使ってしまうと、恥をかくだけでなく、場合によっては予期せぬトラブルを招く恐れもゼロではありません。

そこでこの記事では、印鑑の種類とどのような時に使うと良いのかや素材について解説しているので、参考になれば幸いです。

「印鑑は名前入りにすべき?用途を考えて後悔しない仕上がりにしよう!」

実印と呼ばれる印鑑

いろんな印鑑がありますが、その中でも重要と言って差し支えがないのが「実印」です。これは市区町村にある役場で登録し、受理された印鑑のことを指しています。印鑑登録証明カードをもらえるのですが、ここに登録した印鑑の印影が押されているのです。

基本的に一人一本しか登録できないため、印鑑と印鑑登録証明カードを紛失しないように大切に保管しなければいけません。また決まりごとではありませんが、他の人の実印と取り違えなどが起こらないように、フルネームで作っておきたいです。

なぜ神経質なほどに気をつけなければいけないかというと、実印が使われるのはたいてい大金が動く時だからです。例えば不動産売買や、中古車を個人で売買する時、または銀行から融資を受ける際に必要になります。他にも遺産相続や生命保険に加入する場合でも、実印の押印が求められます。

場合によっては本人でなくても実印と印鑑登録証明カードさえあれば、これらのことができてしまう可能性があるのです。そのため紛失したと気づいたら、できるだけ早く実印を登録した役所に紛失届を出しましょう。加えて別の印鑑を実印登録し、警察に紛失届や盗難届を出しておけば悪用されにくいです。

個人用の銀行印とは?

個人で銀行口座を開設する際に使用する印鑑のことです。人にもよるのでしょうが、苗字だけを彫った印鑑を使うのが一般的です。ただ銀行によっては、子供が生まれた時のお祝いに口座を開設できるよう、名前を彫った印鑑でも使用できるケースがあります。

一昔前までは、通帳の一ページ目に銀行印を押印していました。ところが最近では防犯上、押さなくても良いことになったのです。そのためたくさんの印鑑を持っている人だと、どれが銀行印なのかわからなくなることが多いため、しっかりと管理しておきたいです。

ただし実印とは違い、銀行印は比較的簡単に変更が可能です。そこで紛失した場合はもちろんのこと、どれが銀行印かわからなくなった場合は、すぐに変更すると良いでしょう。そして気をつけておきたいのは、実印と銀行印を兼用しておかないことです。

どちらか一方を盗まれてしまうと、連帯保証人にされたり、銀行からお金を下ろされたりしてしまうからです。

個人用の認印について

これは実印でもなければ、銀行印でもない印鑑のことです。使用頻度が一番高い印鑑で、荷物の受け取りから事務処理の書類などにも押印することがあります。地域によっては、回覧板に押すこともあるでしょう。印鑑の中にインクが入っているものがあり、このタイプを一本持っておくと朱肉がなくても押せるので大変便利です。

安価なもので良いため、最近では百円均一ショップなどでも手に入ります。しかし認印は基本的には公的なものには使えないです。具体的には出生届や婚姻届、離婚届や各種保険の手続きなどです。

訂正印と呼ばれる印鑑

訂正印とは、記入した文字の誤りを訂正するために押すためのものです。誰がどこを訂正したのかがわかるために、自分の苗字を彫ったものを使います。伝票や帳簿、事務書類などに使用します。しかし場合によっては重要な契約書に使われることも珍しくありません。

中には認印との違いがわからないという人は少なくないでしょう。それもそのはずで、実は認印と訂正印の明確な違いはないのです。強いて言えば大きさくらいで、認印は直径が十ミリほどに対し、訂正印は六ミリ程度の印鑑が使用されることが多いです。

理由は大きなサイズの印鑑を訂正印にしてしまうと、訂正しなくても良い箇所まで押印してしまいます。それを避けるために、文字が詰まった文章を訂正する際には、楕円型の印鑑を訂正印にする場合があります。使い方としては、訂正したい文字の上に押印して、さらにその上にボールペンで二重線を引くのが一般的です。

ただ法律で決まっているわけでないため、所属している企業のやり方に従うようにしましょう。

会社用の印鑑について

個人の実印について知っている人は多くても、会社用の実印に関してはまったく知らないという人は多いでしょう。その理由は、会社用の実印というのは起業する人以外には必要がないからです。これは法人設立の際に、管轄の法務局に登記しておくものなのです。

これといって決まりがあるわけではないため、会社名を彫った印鑑で構いません。また代表者の役職名が彫ってあるものでも登記可能です。また会社用の銀行印というものもあります。こちらは個人用と同じで、銀行に法人用の口座を開設する時に使用します。

さらに会社用の認印もあるため、個人用の印鑑との違いがわからないという人は少なくないでしょう。しかし個人用の印鑑に比べると、会社用は偽造されると被害が格段に大きくなる場合が多いです。そこで会社用の印鑑に彫られる文字は、できるだけ複雑なものにするのが望ましいです。

可能であれば手彫りの職人に依頼するのが良く、複製するのは困難なので安全性が高くなります。

「おすすめの手彫り印鑑」

印鑑に使用する素材

チタンという金属を使った印鑑があります。メリットは何と言っても腐食しにくいという点が挙げられます。またとても固い金属なので、破損することが少ないのです。そのため印鑑を長く使いたい人に向いています。ただしチタンは加工するのが難しいため、値段は高くなりがちです。

購入する店舗によっては、一本で一万円以上します。もう少し安くて良い印鑑が欲しいなら、黒水牛と呼ばれる素材を選ぶようにすると良いでしょう。表面が黒光りしていて、見た目が美しいです。さすがに金属のチタンにはかないませんが、黒水牛で作られた印鑑も耐久性に優れているのです。

値段は四、五千円ほどで購入できる場合が多いです。

「印鑑はどこで買う?店舗別のメリットと注意点」

印鑑は使いわけるのが重要です

印鑑はとても大切なものなので、それぞれの場面で使いわけるようにしましょう。特に実印とそれ以外にしておくと良く、万が一盗難された際に被害を最小限にすることができるのです。それから実印に関しては、文字部分が少しでも欠けてしまうと使えない可能性が高い印鑑です。

買い換えると手続きが面倒なので、耐久性のある素材にしておきたいです。